御器谷法律事務所

電車内痴漢‐逆転無罪判決(最高裁)

1.電車内痴漢の弁護
 電車内での痴漢については、その行為の態様によって都迷惑防止条例違反や強制わいせつ罪等の罪名に触れることがあります。
 この電車内の痴漢事案においては、目撃証人や物的証拠が乏しい場合が多く、被害者の供述が殆ど唯一の証拠という場合があります。被害者の供述内容と容疑者の供述内容をくらべて、その真実性を判断することが極めて困難なことがあります。
 痴漢の被害を受けた女性からの相談を受けることもあり、又、痴漢を行った容疑をかけられた男性から弁護を依頼されたこともありました。
 周防正行監督の映画「それでもボクはやってない」でも、この辺の弁護の難しさは描かれていたと思います。

2. 異例の最高裁判決
 2006年、小田急電車の中で痴漢が行われたとして強制わいせつ罪で逮捕、勾留されたA被告。捜査段階から公判まで一貫して無罪を主張。
 地裁、高裁は、A被告を懲役1年10月の実刑に処す旨の有罪判決を下していました。
 これに対して、最高裁判所は、2009年4月14日、この地裁と高裁の有罪判決を破棄して、A被告に対して逆転無罪の判決を言い渡しました。
 弁護士からみても、この逆転無罪判決は、異例なものであり、ある種の驚きを感じつつ判決を読みました。

3. 最高裁判所平成21年4月14日判決の概要
この最高裁判決の要旨は、次のとおりです。
当審における事実誤認の主張に関する審査は,当審が法律審であることを原則としていることにかんがみ,原判決の認定が論理則,経験則等に照らして不合理といえるかどうかの観点から行うべきであるが,本件のような満員電車内の痴漢事件においては,被害事実や犯人の特定について物的証拠等の客観的証拠が得られにくく,被害者の供述が唯一の証拠である場合も多い上,被害者の思い込みその他により被害申告がされて犯人と特定された場合,その者が有効な防御を行うことが容易ではないという特質が認められることから,これらの点を考慮した上で特に慎重な判断をすることが求められる。
そこで検討すると,被告人は,捜査段階から一貫して犯行を否認しており,本件公訴事実を基礎付ける証拠としては,Aの供述があるのみであって,物的証拠等の客観的証拠は存しない(被告人の手指に付着していた繊維の鑑定が行われたが,Aの下着に由来するものであるかどうかは不明であった。)。被告人は,本件当時60歳であったが,前科,前歴はなく,この種の犯行を行うような性向をうかがわせる事情も記録上は見当たらない。したがって,Aの供述の信用性判断は特に慎重に行う必要があるのであるが,(1) Aが述べる痴漢被害は,相当に執ようかつ強度なものであるにもかかわらず,Aは,車内で積極的な回避行動を執っていないこと,(2) そのことと前記2(2)のAのした被告人に対する積極的な糾弾行為とは必ずしもそぐわないように思われること,また,(3) Aが,成城学園前駅でいったん下車しながら,車両を替えることなく,再び被告人のそばに乗車しているのは不自然であること(原判決も「いささか不自然」とは述べている。)などを勘案すると,同駅までにAが受けたという痴漢被害に関する供述の信用性にはなお疑いをいれる余地がある。そうすると,その後にAが受けたという公訴事実記載の痴漢被害に関する供述の信用性についても疑いをいれる余地があることは否定し難いのであって,Aの供述の信用性を全面的に肯定した第1審判決及び原判決の判断は,必要とされる慎重さを欠くものというべきであり,これを是認することができない。被告人が公訴事実記載の犯行を行ったと断定するについては,なお合理的な疑いが残るというべきである。
第3 結論
 以上のとおり,被告人に強制わいせつ罪の成立を認めた第1審判決及びこれを維持した原判決には,判決に影響を及ぼすべき重大な事実誤認があり,これを破棄しなければ著しく正義に反するものと認められる。
 そして,既に第1審及び原審において検察官による立証は尽くされているので,当審において自判するのが相当であるところ,本件公訴事実については犯罪の証明が十分でないとして,被告人に対し無罪の言渡しをすべきである。


執務の方針| 弁護士のプロフィール| 取扱事件 | ご案内 顧問契約 |

弁護士費用 | 事務所案内図 | リンク| トップ