御器谷法律事務所

DES

1. DESとは、
 会社の債務を株式に振り替えることを言います。
 Debt=デット=負債・借金、Equity=エクイティ=株式、資本、Swap=スワップ=交換・・・この略です。
 このDESは、債権者からみれば、会社への貸付金等の債権を資本に替えるものであり、会社の財務内容は負債が減少し、資本が増加し財務内容が改善され、会社の再建に資することとなります。また、債権者の会社への経営権を確保することが容易となります。
 会社にとっても、このDESにより債務超過が解消されることもあり、貸借対照表上自己資本比率が改善され、銀行からの評価も向上することがあります。
 DESの法的性質としては、多くの場合には金銭債権の現物出資による新株の発行とされることがあり、新会社法上の要件を充たす場合には検査役の検査を要しないこととなることもあり、手続が容易となったとされています。

2. DESのメリットとデメリット
(1) DESのメリット
 債務者である会社にとっては、負債が減少し資本の増加がみられるので、B/Sが大幅に改善され再建が容易となることがあります。
 債権者にとっては、DESにより会社への経営権が確保できることがあり、会社の再建の際には株式売却によるキャピタルゲインの確保が見込まれます。また、金融機関にとっても、不良貸付金による貸倒引当金の計上を減らすことが可能な場合もあり、自己資本比率の改善に資することがあります。
(2) DESのデメリット
 会社としては、DESにより債権者が株主として経営に参画してくることが可能となります。
 また、債権者としても、DESにより債権回収上、他の債権者に劣後してくるリスクが発生します。
 さらに、税務上会社に対しては債務消滅益の問題や株主への贈与認定等の問題の発生の余地があり、この点事前に弁護士や会計士と十分に相談する必要があります。

3. DESの手続
 DESの手続の概略は、次のとおりです。
(1) 債権者と債務者会社におけるDESの基本的合意書の締結
(2) 債務者会社における第三者割当増資に関する新株発行についての取締役会決議及び株主総会決議(会社法199条、200条等〜)。
 株式譲渡制限会社における、有利発行の問題、金銭債権の評価(券面額説、時価説)、株主総会の決議要件・手続等につきましては、事前に弁護士等にご確認下さい。
(3) 金銭債権の現物出資手続(会社法207条9項5号)
 現物出資財産が弁済期の到来した金銭債権であって、負債の帳簿価額を超えない場合には、検査役の調査が不要なことがあります。
(4) 会社法に定める新株発行の手続
 現物出資財産の給付手続(会社法208条2項)、他
(5) 増資の登記

4. DESの問題点
(1) 有利発行の問題
 DESによって増資された場合、その発行価額につき券面額説によると従前の株主の権利を害しないかとの観点から有利発行が問題となるとの指摘があります。
(2) 税務上の問題
 前述の税務上のデメリットとして債務消滅益や贈与認定を問題とする指摘があります。
 また、会社の再建の見地からは、債権者による寄付金認定の問題を指摘する見解もあります。
(3) その他
 DESの手続・取扱は、会社法の施行によりその手続が大きく変わりましたので、事前に弁護士や会計士に相談なされることをお勧めします。

 このDESにつきましても、遠慮なく当事務所にご相談下さい

執務の方針| 弁護士のプロフィール| 取扱事件 | ご案内 顧問契約 |

弁護士費用 | 事務所案内図 | リンク| トップ