御器谷法律事務所

JAS法


1. JAS法とは、
 その正式名称を「農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律」と言い、昭和25年に制定されました。
 このJAS法は、「適正かつ合理的な農林物資の規格を制定し」、これを普及させることによって農林物資の品質改善、生産の合理化、取引の単純公正化、使用・消費の合理化を図るとともに、「農林物資の品質に関する適正な表示を行なわせる」ことによって、一般消費者の選択に資し、もって公共の福祉の増進に寄与することを目的としています(法第1条)。
 つまり、このJAS法は、次の2つの事項を主に定めています。
(1) JAS規格‐日本農林規格
(2) 食品表示‐品質表示基準
1) 生鮮食品品質表示基準
農産物、畜産物、水産物に分けて、名称・原産地等を記載。
2) 玄米及び精米品質表示基準
産地、品種、産年、使用割合を記載。
3) 加工食品品質表示基準
原材料名は、重量の重いものから順に記載。消費期限や賞味期限を記載。保存方法も記載。

2. JAS法の概要
 主要条文につきその要旨のみ記載してみました。
(1) 第1章 総則
第1条(法律の目的)
(2) 第2章 削除
(3) 第3章 日本農林規格の制定
第7条(日本農林規格)
 農林水産大臣は、第1条に規定する目的を達成するため必要あると認めるときは、農林物資の種類を指定して、これについての規格を制定する。
(4) 第4章 日本農林規格による格付
 1) 第1節 格付
第14条(製造業者等)
 農林物資の製造業者等は、工場・事業者及び農林物資の種類ごとに、あらかじめ登録認定機関の認定を受けて、その製造、加工、輸入、販売する農林物資について日本農林規格による格付を行い、これを示す格付の表示を付することができる。
2) 第2節 登録認定機関
3) 第3節 格付の表示の保護
4) 第4節 外国における格付
5) 第5節 登録外国認定機関
6) 第6節 格付の表示の付してある農林物資の輸入等

(5) 第5章 品質表示等の適正化
第19条の13(製造業者等が守るべき表示の基準)
 農林水産大臣は、飲食料品の品質に関する表示の適正化を図り一般消費者の選択に資するため、農林物資のうち飲食料品の品質に関する表示について、農林水産省令で定める区分ごとに、次に掲げる事項のうち必要な事項につき、その製造業者等が守るべき基準を定めなければならない。
  1. 名称、原料、材料、保存方法、原産地 その他
  2. 表示方法、その他製造業者等が遵守すべき事項
第19条の14(表示に関する指示等)
3) 農林水産大臣は、その指示を受けた者が正当な理由がなくその指示に係る措置をとらなかったときは、その者に対しその指示に係る措置をとるべきことを命ずることができる。
(6) 第6章 雑則
(7) 第7章 罰則
 第24条:第19条の14(3)の命令(改善措置→改善命令)に違反した者等は、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処する。

 このJAS法につきましても、遠慮なく当事務所にご相談下さい


執務の方針| 弁護士のプロフィール| 取扱事件 | ご案内 顧問契約 |

弁護士費用 | 事務所案内図 | リンク| トップ