御器谷法律事務所

リースバック

1.リースバックとは、
 不動産の原所有者(オリジネーター)がSPCやリース会社に不動産を売却し、それと同時にこのSPCやリース会社が貸主としてこの原所有者を借主として不動産をリース(賃貸借契約)し、原所有者がこの不動産を借主として賃料を支払いながらその使用を継続するものです。
 リースバックやリース・バック、セール&リースバック、セール・アンド・リースバック等とも呼ばれています。
 本社ビルの売却後の使用の継続や航空機のリース等において実例が多く見受けられるところです。

2. リースバックの仕組み
リースバックにおける契約の一例を次に説明します。

(1) 売買契約
 不動産の原所有者からSPCやリース会社へ不動産が売却されることによって、不動産の所有権は原所有者からSPCやリース会社に移転し、売買代金がSPCやリース会社から原所有者に支払われます。
(2) リース契約
 SPCやリース会社が貸主、原所有者が借主となり、両者間に賃貸借契約(オペレーティング・リース)が締結され、SPCやリース会社は原所有者から賃料を継続的に得ることができ、また、原所有者は不動産の使用を従前通り継続することができます。

3. リースバックのねらい
リースバックの行われるねらい、趣旨は次のとおりとされています。
(1) 不動産のオフバランス化
 不動産の原所有者としては本社ビル等それ自体としては収益を生まない不動産を貸借対照表上の資産から外すことができます。
(2) 資金の調達
 不動産の売却による売買代金により資金が調達でき、借入金の返済や新たな事業資金への投入が可能となります。
(3) 使用の継続
 不動産の原所有者は、リース契約によりテナントとして賃料を支払って従前通りの使用を継続することができます。
(4) 不動産の証券化
 不動産に流動性を与えることによって不動産の証券化が可能となります。

 このリースバックにつきましても、遠慮なく当事務所にご相談下さい

執務方針| 弁護士紹介| 取扱事件 | 顧問契約 |

弁護士費用 | 事務所案内図 | リンク| トップ