御器谷法律事務所

パブリシティ権


1. パブリシティ権とは、
 最高裁判所の認定するところによれば、パブリシティ権とは、有名人等の氏名、肖像等の人格権に由来し、「商品の販売等を促進する顧客吸引力を有」し、「このような顧客吸引力を排他的に利用する権利」とされています。
 このパブリシティ権は、法的根拠が明白でなかった面もありましたが、最高裁は、これを明確な法的権利として認定しました。

2. 最高裁判所平成24年2月2日判決
(1) パブリシティ権の法的権利性について、
 肖像等は,商品の販売等を促進する顧客吸引力を有する場合があり,このような顧客吸引力を排他的に利用する権利(以下「パブリシティ権」という。)は,肖像等それ自体の商業的価値に基づくものであるから,上記の人格権に由来する権利の一内容を構成するものということができる。
 その使用を正当な表現行為等として受忍すべき場合もある。
 肖像等を無断で使用する行為は,①肖像等それ自体を独立して鑑賞の対象となる商品等として使用し,②商品等の差別化を図る目的で肖像等を商品等に付し,③肖像等を商品等の広告として使用するなど,専ら肖像等の有する顧客吸引力の利用を目的とするといえる場合に,パブリシティ権を侵害するものとして,不法行為法上違法となると解するのが相当である。

(2) 本件事案についての結論について、
 本件各写真は,上記振り付けを利用したダイエット法を解説し,これに付随して子供の頃に上記振り付けをまねていたタレントの思い出等を紹介するに当たって,読者の記憶を喚起するなど,本件記事の内容を補足する目的で使用されたものというべきである。
 したがって,被上告人が本件各写真を上告人らに無断で本件雑誌に掲載する行為は,専ら上告人らの肖像の有する顧客吸引力の利用を目的とするものとはいえず,不法行為法上違法であるということはできない。

 このパブリシティ権につきましても、遠慮なく当事務所にご相談下さい

執務の方針| 弁護士のプロフィール| 取扱事件 | ご案内 顧問契約 |

弁護士費用 | 事務所案内図 | リンク| トップ