御器谷法律事務所

特別審理官の口頭審理の実務

 オーバーステイで入局管理局に収容された外国人の弁護を担当しています。
 今回は、特別審理官の口頭審理の実務について説明いたします。

 この特別審理官による口頭審理手続きにおいては、収容されているオーバーステイした外国人、私達弁護士、家族、通訳人等が取調室において、オーバーステイに至った事情、家族の説明、仕事の事情等について詳細に事情を聴取され、それがその場で特別審理官によりPCにワープロされ、口頭審理官調書としてプリントされ、この内容を確認して、収容されている外国人が署名します。
 ある事件では、この口頭審理手続に5時間以上かかったことがありますので、時間には十分余裕をもって臨むことが必要です。
 そして、最後に特別審理官から違反事実ありとの判定が出ると、すぐに異議の申出をします。
 その後は、法務大臣が裁決して、特別在留許可の事情と可否を判断することになります。

 オーバーステイについては、当事務所のホームページにおいてもコーナーを設け、「オーバーステイ」、「仮放免許可申立」、「在留特別許可」について説明していますので、ご参照願います。説明していますので、ご参照願います。

 この特別審理官の口頭審理の実務につきましても、遠慮なく当事務所にご相談下さい
      

執務の方針| 弁護士のプロフィール| 取扱事件 | ご案内 顧問契約 |

弁護士費用 | 事務所案内図 | リンク| トップ