御器谷法律事務所

離婚の法律相談.

1. 離婚の仕方−協議離婚、調停離婚、裁判離婚

Q1.私は、現在離婚を考えていますが、離婚するためにはどのような手続が必要なのでしょうか?

A. 回答
離婚をするには夫婦で協議をして離婚届に署名捺印してこれを役所に提出するという「協議離婚」が先ず考えられます。この協議離婚は、役所に備え付けてある所定の離婚届に夫婦が署名捺印をすることによって簡単にできるものですので当事者が離婚を納得しているときにはこの方法で行われます。

夫婦が離婚をすることについて合意をしていないときにおいては、一方の当事者が離婚をしたいと考える場合、家庭裁判所に対して家事調停を申し立てて、この調停において離婚が成立することがあります。この家庭裁判所における調停によって成立する離婚のことを「調停離婚」と言います。この調停離婚が成立するためには、夫婦の一方が家庭裁判所に対して夫婦関係調整の家事調停を申し立て、その調停において離婚の調停を成立させる必要があります。

このような離婚の調停を申し立てた場合においても、他の一方の当事者が離婚について納得しない場合においては、家事調停は不成立に終わらざるを得ません。そして、このように家事調停が不成立となった場合においては、裁判上の離婚原因があると考える一方の当事者は他の当事者を被告として家庭裁判所に対して離婚の訴えを提起し、ここにおいて判決によって離婚が認められる場合においては、いわゆる判決離婚として離婚が認められる場合があります。これを「裁判離婚」と言います。

なお、このような協議離婚、調停離婚、裁判離婚の他に家庭裁判所で成立する「審判離婚」と呼ばれるものがありますが、極めて少数のものです。

 また、離婚の成立する約9割前後位が協議離婚と思われます。

 この離婚の法律相談につきましても、遠慮なく当事務所にご相談下さい

Q&Aにもどる

執務の方針| 弁護士のプロフィール| 取扱事件 | ご案内 顧問契約 |

弁護士費用 | 事務所案内図 | リンク|トップ