御器谷法律事務所

離婚の法律相談

8. 財産分与や慰謝料を支払ったときの税金は誰にかかるのか?
Q8. 私は、夫と長く暮らし夫の暴力に耐えてきましたが、子供達も独立したために離婚しようと決意し、夫もこれに応じ、相応の財産分与と慰謝料を取得することとなりました。このような場合、私には何等かの税金が課されるのでしょうか?

A. 回答

あなたが受け取る財産分与や慰謝料が相応なものである限り、贈与税や譲渡所得税は課税されません。不動産を取得した場合に不動産取得税が課される位でしょう。

但し、財産分与や慰謝料として過大なものを受領したときは、一種の脱法行為として贈与税が課されることがありますので注意して下さい。

なお、財産分与として不動産を譲渡した夫には、譲渡所得税が課されることとなっています。

 この離婚の法律相談につきましても、遠慮なく当事務所にご相談下さい

Q&Aにもどる

執務の方針| 弁護士のプロフィール| 取扱事件 | ご案内 顧問契約 |

弁護士費用 | 事務所案内図 | リンク|トップ