御器谷法律事務所

土地−「一物四価」


1. 「一物四価」とは?
 不動産、特に土地には4つの価格があると言われることがあります。つまり、実勢価格(時価)、公示価格、路線価、固定資産税評価額のことを言います。
 それぞれの価格については、その意義、根拠法令、所轄官庁等が異なりますので、十分注意する必要があります。

2. 「一物四価」の比較表
名 称 意 義 根拠法令 所轄官庁 備 考
実勢価格
(時価)
市場において成立している現実の価格、マーケット・プライスのこと。 売り手や買い手の事情により異常値が出ることがあり。
公示価格 不動産鑑定士等が標準地につき鑑定評価して、正常な価格を判定。公共事業の用地取得等の算定の基準。 地価公示法 国土交通省
(土地鑑定委員会)
一般的な土地売買の一つの指標となる(売買の目安)。
路線価 相続税や贈与税の算定の際の基準となる土地の評価額。 相続税法 税務署
(国税庁)
公示価格の8割を目途。
固定資産税評価額 固定資産税や都市計画税、登録免許税の算定の際の基準となる評価額。 地方税法 都税事務所(東京) 公示価格の7割を目途。

 この土地−「一物四価」につきましても、遠慮なく当事務所にご相談下さい
      

執務の方針| 弁護士のプロフィール| 取扱事件 | ご案内 顧問契約 |

弁護士費用 | 事務所案内図 | リンク| トップ