御器谷法律事務所

遺産分割Q&A

Q1.遺産分割の際のトラブルの原因は何?

A. 回答

 親が亡くなった後に子らで遺産争いが行われ、遺産をめぐるトラブルの中で子らの間に感情的対立が激しくなり、いわゆる骨肉の争いとなりその紛争が長期化、複雑化することを多く見受けることがあります。
 その原因としてはまず、相続人の相続に対する権利意識の高さが考えられます。戦前は家督相続として家長が単独相続をしておりましたが、戦後は兄弟姉妹が均等相続をすることとなり、相続人の権利意識は高く、そのために自己の相続分を確保するために法定相続分を主張することが多くなってきました。特に遺産の中で占める自宅の土地建物の占めるウエイトが非常に大きい場合においては、この自宅を誰が相続するかによって、兄弟姉妹間の公平が大きく決定づけられることになり、このようなこともトラブルの大きな原因になっているものと考えられます。
 次に相続人は兄弟姉妹等の親族である場合が多く、この場合においては感情的な対立が非常に激しく、そのために冷静、客観的な判断が非常に難しくなる場合があります。さらに各相続人の配偶者の意見が相続に影響を及ぼす点も指摘されているところであります。
 さらに最近の高齢化社会の影響を受け、各相続人が高齢となりそのために判断能力に影響を及ぼすこともあるものと考えられます。また、日本においては遺言書の作成がそれほど一般的なものとなっておらず、そのために被相続人の意思が明確でなく法定相続分によって分けることについて当事者間の不平不満があり、それが寄与分や特別受益という形になって主張され、これが紛争の長期化、複雑化となっている面も指摘されているところであります。
 なお、私達弁護士が遺産分割をめぐるトラブルに関与していると、トラブルとなりやすいパターンがいくつかあるように考えられます。
 つまり、相続人間に、そもそももめやすい人間関係があることがあります。例えば、相続人である兄弟姉妹の間に異母兄弟ないし異父兄弟がいる時、相続人が後妻と先妻の子である時、相続人である子の内に非嫡出子つまり婚姻外で生まれた子がいる時、相続人の内に養子がいる時、相続人の内に代襲相続人がいる時などがもめやすい人間関係を生じる一つのパターンであるとも考えられます。
 さらに遺産の内容からして、例えばその遺産が家業である会社の株式である場合においては、兄弟姉妹間の相続問題が即経営権をめぐる争いともなり、もめる要素となります。
 また、遺産の内に被相続人の自宅である不動産が大きなウエイトを占める場合においては、この自宅である土地建物を誰が取得するかが大きな問題となってきます。つまり、代償金が払えるか否か等も大きな問題となってきます。
 また、相続人の内で一部の者が被相続人を生前より療養看護していた場合であるとか、一部の相続人のみが被相続人から生前に大きな贈与を受けた場合においては、これが寄与分や特別受益の主張となり、トラブルの原因となる場合があります。

 この遺産分割につきましても、遠慮なく当事務所にご相談下さい

Q&Aにもどる

執務の方針| 弁護士のプロフィール| 取扱事件 | ご案内 顧問契約 |

弁護士費用 | 事務所案内図 | リンク|トップ