御器谷法律事務所

遺産分割Q&A

Q09.生前亡くなった人の療養看護に努め、又は亡くなった人の財産を守ってきた人の相続分はどうなりますか?
−寄与分−

A. 回答

 共同相続人の中に、被相続人の財産の維持又は増加につき、特別の寄与をした者については、民法上、「寄与分」という制度により、法定相続分以上の特別の利益が認められます。
 まず、この制度はあくまで法定相続人についてのみ認められるのであり、例えば被相続人の長男の配偶者などについては、いくら生前亡くなった人(被相続人)の療養看護に努めたとしても、寄与分は認められません。もっとも、その行為が相続人である長男自身の寄与分として認められることは考えられます。
 次に、寄与分の認められる「特別の寄与」の内容は、以下のとおりです。
(1) 被相続人の事業に関する労務の提供、財産上の給付
(2) 被相続人の療養看護
(3) その他
 例えば、被相続人の身の回りの世話をするなどして(特別の寄与)、それにより被相続人が看護費用の支出を免れたような場合(財産の維持・増加)、あるいは、被相続人の事業にほとんど無給で従事し(特別の寄与)、それにより被相続人が給与の支出を免れたような場合(財産の維持・増加)などに、「寄与分」が認められることになります。
 そして、寄与分が認められる場合の相続分は、原則として以下のとおりになります。
(相続開始時の財産−寄与分)×法定相続分+寄与分
 なお、この寄与分の認定にあたっては、あくまでも「特別の」寄与をすることが要件となっていますので、相続間における一般的な扶養は寄与分とは認められませんので、ご注意下さい。

 この遺産分割につきましても、遠慮なく当事務所にご相談下さい

Q&Aにもどる

執務の方針| 弁護士のプロフィール| 取扱事件 | ご案内 顧問契約 |

弁護士費用 | 事務所案内図 | リンク|トップ