御器谷法律事務所

法律事典:内容証明郵便

1 内容証明郵便とは

(1) 内容証明郵便とは、差し出した文書の内容を郵政公社に証明してもらうことができる郵便物です。差出人及び受取人並びに差し出した日の日付も証明されます。内容証明郵便ではない通常の書留郵便では、封筒の中に入っていた文書の内容までは証明されないという違いがあります。
(2) ただ、これだけですと、相手方に文書を発信したことは証明されても、それが相手方に到達したことまでは証明されません。民法上、意思表示は、相手方に到達したときから効力を生ずるのが原則となっていますので、通常、内容証明郵便は、それが配達されたことを証明する「郵便物配達証明書」の送付を受けるため、併せて配達証明扱いにもしておきます。
(3) こうすることによって、どのような差出人からどのような受取人に対し、どのような内容の文書が、いつ差し出され、それがいつ受取人に配達されたかが証明され得ることとなります。具体的には、郵便局に内容証明郵便として差し出す際に、同じ内容の文書を、受取人への送付用、郵便局の保管用(1通)及び差出人自身の保管用(1通)として、合計で受取人数分+2通準備して行きます。そして、郵便局保管分の1通が郵便局に5年間保管され、差出人からの申し出があれば、その文書の内容が保管文書によって証明されます。ただし、内容証明郵便を取り扱っているのは、郵便物の集配を取り扱う集配郵便局と、集配を取り扱わない無集配郵便局のうち特に指定を受けた郵便局です。

2 何のために内容証明郵便とするのか
 内容証明郵便を配達証明扱いとした場合には、文書の内容や、発信した日付、相手方に届いた日付が公的に証明されますので、内容証明郵便は、後日訴訟等の場で意思表示や通知をした日付、内容等を立証するための立証手段として用いられます。また、確定日付が対抗要件となっている通知等の手段として、あるいは受取人に差出人の決意を示し、心理的効果をあげる手段としても用いられます。

3 内容証明郵便の作成等
(1) 内容証明郵便は形式面等の制限があり、内容証明文書以外の写真、図面等を添付することはできません。1行の文字数や1枚の行数は、縦書きの場合、1行20字以内、1枚26行以内で、横書きの場合、1行13字以内、1枚40行以内又は1行26字以内、1枚20行以内あるいは1行20字、1枚26行以内です。
 大きな文房具店等に行けば、内容証明郵便用の用紙を購入することができます。
(2) 差出人は、文書の内容をよく吟味する必要があり、不用意な記載や誤った記載をすると、かえってその郵便が自分にとって不利な証拠とされたり、受取人に対する脅迫罪にあたるとされてしまったりすることがありますので、注意しなければなりません。
(3) 通常の郵便料金に加え、書留の料金、配達証明の料金、内容証明の料金が必要となります。

4 電子内容証明サービス

(1) 従前からの内容証明郵便を電子化したもので、「Microsoft Word」又は「Just System一太郎」を用いて作成した文書を郵便局のシステムに送信すると、受付を行った後、受取人あての原本のみならずそれと同内容の差出人保管用の文書も自動的に印刷、封入・封かんが行われ、郵便物として発送されます。
(2) 従前の内容証明郵便とは異なり、インターネットを通じた受付であるため、24時間いつでも受け付けられますし、受付を行った後に自動的に受取人送付用、郵便局保管用、差出人保管用として3通作成・処理されますので、手間を省くことができます。また、形式上の制限も緩和されています。
 ただし、国内のみのサービスなので、海外への郵便の送付等は行うことができません。
(3) 基本料金に加え、電子郵便料金、内容証明の料金、書留の料金、配達証明の料金、謄本の送付料金がかかります。

 この内容証明郵便につきましても、遠慮なく当事務所にご相談下さい

執務の方針| 弁護士のプロフィール| 取扱事件 | ご案内 顧問契約 |

弁護士費用 | 事務所案内図 | リンク| トップ