御器谷法律事務所

<フォト日記>

10月: 鎌倉



 JR北鎌倉駅の改札口を出て 2〜3分の所にある円覚寺。
 弘安 5年(1282年)に、北条時宗が中国から無学祖元禅師を招いて創建。
 道からすぐの総門をくぐり、山門、仏殿、選仏場と進んでゆきます。


 円覚寺の奥に歩いて15分位の所にある仏日庵。
 34歳で亡くなった北条時宗の廟所。蒙古軍から日本を守り、学問の神様としても尊敬を集めています。
 境内では抹茶をいただくことができます。


 広い円覚寺の境内には、舎利殿、洪鐘(おおがね)、総門等もあります。
 京都とは違い、武家文化を感じさせる簡素な中に凛とした空気を感じました。


 円覚寺の境内には季節ごとに様々な花が咲いています。
 また、鐘楼への道には竹林があります。


 円覚寺の総門を出て、白鷺池を見て、すぐの鎌倉街道添いにある精進料理、懐石料理の門前。
 精進料理は、五色(黄、青、赤、白、黒)、五法(生、煮、揚、焼、蒸)、五味(辛、甘、酢、塩、苦)で調理し、朱塗りの膳で季節の野菜、山菜等を頂くことができます。


 建長寺は、円覚寺から鎌倉街道添いに歩いて約20分。
 建長 5年(1253年)に、北条時頼が蘭渓道隆を招いて建立。
 日本最古の本格的禅寺であり、鎌倉五山の第一位の臨済宗建長寺派の大本山。


 建長寺の三門、仏殿、法堂を通り、さらに奥に進み二百数十段位の急な石段を登ると、多数のカ ラス天狗の像があります。そこからさらに登ると半僧坊があります。この半僧坊を通って、右奥を登ると、いよいよ天園(てんえん)ハイキングの入口です。


 建長寺の半僧坊 → 十王岩 → ゴルフ場脇 → 天園、峠の茶屋 → 瑞泉寺へと、ゆっくり歩いて 3時間位。
 鎌倉のアルプスとも呼ばれているそうですが、天園は大平山とも言うそうです。
 天園の峠の茶屋からは、遠く相模湾や山並をながめることができます。


 木漏れ日の林道は、森林浴には格好のハイキング・コースですが、結構アップ・ダウンがあり、運動不足の身を感じることとなりました。
 鎌倉の古刹のすぐ裏にこんなハイキングコースがあることが不思議な感じがしました。


 天園ハイキングの終着は瑞泉寺。
 瑞泉寺は、嘉暦 2年(1327年)に、禅僧夢窓国師によって開かれました。
 五万坪にも及び広大な境内、庭園があり、石段を昇ったところにある庭と本堂は清楚さを感じさせる素晴らしい寺院。


 瑞泉寺は、鎌倉でも有名な花の寺。
 彼岸花、むくげ、あじさい、ききょう、はぎ等がひっそりと咲いていました。


執務方針| 弁護士紹介| 取扱事件 | 顧問契約 |

弁護士費用 | 事務所案内図 | リンク| トップ