御器谷法律事務所

裁判傍聴


裁判の傍聴は、民事裁判でも刑事裁判でも、原則として誰でも自由に法廷の傍聴席にすわって傍聴することができます。これを公開裁判の原則と呼んでいます。
ただし、社会の耳目を集めている事案等傍聴希望者が多数の場合には、抽選等により傍聴券が必要な場合があります。


7月から 8月には、中学生や高校生が社会科見学として、又、法学部の大学生が勉強のため裁判傍聴に行くことが多くあります。
東京地方裁判所では玄関入口で金属探知器での検査が行われています。事件の当事者名と事件名は法廷の入り口の近くに掲示されています。
傍聴に際しては、メモをとることは構いませんが、写真を撮ったり録音は禁じられておりますので、ご注意下さい。
平日(月曜から金曜)の午前10時から、午後は 1時から開廷されていることが多く、又、8月は休廷されていることが多くあります。

 この裁判傍聴につきましても、遠慮なく当事務所にご相談下さい

執務方針| 弁護士紹介| 取扱事件 | 顧問契約 |

弁護士費用 | 事務所案内図 | リンク| トップ