御器谷法律事務所

執務の方針

 御器谷法律事務所は、確実なリーガル(法律)サービスを迅速に提供することにより、依頼者の法によって保護された正当な利益を擁護いたします。
 「リーガル・サービス、よりヒューマンに」との当事務所の所是を旨として日々執務してまいります。
弁護士 御器谷 修

 従来弁護士というと、即裁判というイメージが強くありました。しかし、裁判は時間や費用もかかりますので、できることならば相談により自主的に、又、示談により迅速な解決を図るように心掛けております。
 勿論、相手方の対応如何によっては、速やかに訴訟を提起することもあります。裁判は万策尽きた場合のあなたの権利を守る最後の砦と考えています。

相談(ホーム・ローヤー、会社の顧問)
かかりつけのリーガル・アドバイザーとして、お気軽に御相談ください。
あなたの自主的解決のための助言を致します。

示談
あなたの代理人として相手方と交渉いたします。あなたは、直接相手方と会う必要がありません。そのため煩わしさから解放され、感情的になることも少なくなります。

裁判
あなたの権利を擁護するために全力を尽くします。勿論勝訴が目標ですが、裁判の場でも納得がゆけるものなら和解による迅速な解決を考えます。実に民事裁判事件の約3分の2が実質上の和解により終了しています。

執務のご案内

1.執務の時間
原則として、月曜から金曜までの午前10時から午後6時までです。ランチ・タイムは正午から午後1時まで休憩時間です。勤務のご都合等の理由で事前にご連絡頂ければ時間外においても執務いたしますので、遠慮なくお勤め帰りにでもご来所ご相談下さい。

2.弁護士、取扱事件、弁護士費用
当事務所の弁護士のプロフィール、主な取扱事件、弁護士費用の概略については、別稿の「弁護士紹介」、「主な取扱事件」、「弁護士費用」をご覧下さい。


ささやかな取り組み
−開かれた法律事務所をめざして−

身近な司法への様々な動きがあります。
その中でも法律事務所は最も一般の市民の方に身近な存在です。いつでも、どこでも、誰でも、気軽にリーガル(法的)サービスが受けれるよう当事務所も、ささやかですが次のような取り組みをし、皆様が利用しやすい”開かれた法律事務所”をめざしています。

弁護士 御器谷 修

  1. 当事務所の執務方針所属弁護士取り扱い事件の概要等につきましては、このホームページで極力公開するようにしています。
  2. 広く皆様からのご相談をお受けするために、「法律相談の予約窓口」や「アフター・ファイブ夜間法律相談」、そして、「電話相談の予約」や「セカンド・オピニオン法律相談」を設けています。
  3. 弁護士費用を明確化しています。法律相談料は30分、5,000円(税込み)、着手金や成功報酬は対象の経済的利益に応じて決められます。ご要望があれば、御見積書をお出しします。また、弁護士費用については契約書を作成しています。
  4. 事務所所属の弁護士は極力プロボノ活動(公益活動)を行うようにしています。例えば、家事調停委員、破産管財人、民事再生委員等裁判所選任の職務に積極的に取り組んでいます。また、弁護士会の一般・労働・医療法律相談の担当をし、クレジット・サラ金等の多重債務者の担当も行ない、司法修習生の指導(当番弁護士、国選弁護人を含む)や法科大学院(ロースクール)の講師、エクスターンシップ(大学院生の実務研修)への協力等も行っています。

執務の方針| 弁護士のプロフィール | 取扱事件 | ご案内 顧問契約 |

弁護士費用 | 事務所案内図 | リンク| トップ