御器谷法律事務所

相続Q&A

Q2.人が亡くなったときの相続分は?
−法定相続分−

A. 回答
 人が遺言書を作成することなくして亡くなったときの相続分は、民法に規定されております。これを法定相続分と言います。法定相続人と法定相続分の関係は原則として次の表のとおりになります。

相続人 相続分
配偶者と子 各1/2
配偶者と直系尊属 配偶者2/3、直系尊属1/3
配偶者と兄弟姉妹 配偶者3/4、兄弟姉妹1/4

注意事項
(1) 相続人である子、直系尊属、兄弟姉妹が各々数人いる場合においては、各自の相続分はいずれも均等なものとなります。
(2) 非嫡出子つまり結婚外で生まれた子の相続分は、嫡出子つまり結婚した夫婦の間で生まれた子の相続分の1/2となります。
(3) 父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の1/2となります。
(4) 代襲相続人の相続分はその直系尊属が受けるべきであった相続分と同一となります。

これらの相続分及び相続人については具体的なケースにおいてはその算出が困難な場合もありますので、事前に必ず弁護士にお伺い下さい。

 この相続につきましても、遠慮なく当事務所にご相談下さい

Q&Aにもどる

執務の方針| 弁護士のプロフィール| 取扱事件 | ご案内 顧問契約 |

弁護士費用 | 事務所案内図 | リンク|トップ