御器谷法律事務所

相続Q&A

Q07.お墓や仏壇の承継はどうなりますか?
−祭祀の承継−

A. 回答

 お墓や仏壇など、祖先の祭祀を行うために必要な財産を祭祀(さいし)財産といいます。このような祭祀財産は、民法上、相続財産とはされず、「祖先の祭祀を主宰すべき者」に承継されることになります。
 そして、「祖先の祭祀を主宰すべき者」については、以下の順序により定められます。
(1) 被相続人の指定
(2) 慣習
(3) (慣習が明らかではないときは)家庭裁判所の調停又は審判
 いずれにせよ、通常、祭祀の承継者は、被相続人と同居していた者など、被相続人と密接な関係を有する者がなることが多いでしょう。

 この相続につきましても、遠慮なく当事務所にご相談下さい

Q&Aにもどる

執務の方針| 弁護士のプロフィール| 取扱事件 | ご案内 顧問契約 |

弁護士費用 | 事務所案内図 | リンク|トップ