御器谷法律事務所

コンビニエンスストアにおける顧客の受傷につき、フランチャイザーに安全指導義務違反に基づく損害賠償責任を認めた事案
平成13年7月31日大阪高等裁判所判決

《事案の概要》
Xが、Y(フランチャイザー)の加盟店(フランチャイジー)であるコンビニエンスストアで買物中、店舗内床が水拭き清掃により濡れて滑りやすくなっていたため転倒し、受傷した事故につき、Yに対して、安全配慮義務違反等に基づく損害賠償請求した事案

《裁判所の判断》
・ 原審  Xの請求棄却(∵Xの自傷事故)
・本判決 Xの請求認容(但し、過失相殺 5割)

(前提)加盟店(フランチャイジー)の責任
本件店舗は顧客に対する信義則に基づく安全管理上の義務として、水拭きをした後に乾拭きをするなど、床が滑らないような状態を保つ義務を負っていた(本件事故につき不法行為責任を負う)
なお、不特定多数人が利用するコンビニエンスストアにおいて、利用者が両手がふさがれた状態で買い物をしていたことによる衝撃が増大したこと、靴底が合成樹脂であったこと等の本件事情は、当然に予想されるものといえる(但し、被害の拡大につき、5割の過失相殺)

(理由)
1.店舗側に100パーセント床材等の決定権がある以上、顧客の安全性につき優先して対処しなければならない
2.本件床材のメーカーは、水拭き後の十分な拭き取りあるいは乾燥をユーザーに求めている
3.本件店舗の床は水拭きのため滑りやすい状態にあった(床が濡れていたのは、店員の清掃による)

(結論)Y(フランチャイザー)の責任
Yにも、加盟店又は加盟店を通じ本件店舗の従業員に対し、顧客の安全確保のために、床の水拭き後に乾拭きをするように指導すべき義務があった(本件事故につき直接の不法行為責任を負う。但し、被害の拡大につき、5割の過失相殺)

(理由)
Yは加盟店に対し、清掃道具を統一的に支給し、継続的に経営指導、技術援助をしていた

《類似判例》札幌地判 H11.11.17


執務の方針| 弁護士のプロフィール| 取扱事件 | ご案内 顧問契約 |

弁護士費用 | 事務所案内図 | リンク| トップ