御器谷法律事務所
婚姻外の男女関係の解消につき、慰謝料請求が棄却された事案
最高裁判所第1小法廷 平成16年11月18日判決

《事案の概要》
 被上告人(女性)が、上告人(男性)に対し、上告人が突然かつ一方的に両者の間の「パートナーシップ関係」の解消を通告し、訴外Aと婚姻したことが不法行為に当たると主張して、被上告人が被った精神的損害の賠償500万円を求めた事案

《裁判所の判断》
  1. 地裁の判断  女性の慰謝料請求を棄却
  2. 高裁の判断  女性の慰謝料請求を100万円の限度で認容
  3. 最高裁判所の判断  女性の慰謝料請求を認めず
                 =原判決のうち上告人(男性)敗訴部分を破棄
                   被上告人(女性)の控訴を棄却
《最高裁の判旨》
  1. 上告人と被上告人との関係は、昭和60年から平成13年に至るまでの約16年間にわたるものであり、両者の間には2人の子供が生まれ、時には、仕事の面で相互に協力したり、一緒に旅行することもあったこと、しかしながら、
  2. 上記の期間中、両者は、その住居を異にしており、共同生活をしたことは全くなく、それぞれが自己の生計を維持管理しており、共有する財産もなかったこと、
  3. 被上告人は、上告人との間に2人の子供を出産したが、子供の養育の負担を免れたいとの被上告人の要望に基づく両者の事前の取決め等に従い、被上告人は2人の子供の養育には一切かかわりを持っていないこと、そして、被上告人は、出産の際には、上告人側から出産費用等として相当額の金員をその都度受領していること、
  4. 上告人と被上告人は、出産の際に婚姻の届出をし、出産後に協議離婚の届出をすることを繰り返しているが、これは、生まれてくる子供が法律上不利益を受けることがないようにとの配慮等によるものであって、昭和61年3月に両者が婚約を解消して以降、両者の間に民法所定の婚姻をする旨の意思の合致が存したことはなく、かえって、両者は意図的に婚姻を回避していること、
  5. 上告人と被上告人との間において、上記の関係に関し、その一方が相手方に無断で相手方以外の者と婚姻をするなどして上記の関係から離脱してはならない旨の関係存続に関する合意がされた形跡はないことが明らかである。

 以上の諸点に照らすと、上告人と被上告人との間の上記関係については、婚姻及びこれに準ずるものと同様の存続の保障を認める余地がないことはもとより、上記関係の存続に関し、上告人が被上告人に対して何らかの法的な義務を負うものと解することはできず、被上告人が上記関係の存続に関する法的な権利ないし利益を有するものとはいえない。 
 そうすると、上告人が長年続いた被上告人との上記関係を前記のような方法で突然かつ一方的に解消し、他の女性と婚姻するに至ったことについて被上告人が不満を抱くことは理解し得ないではないが、上告人の上記行為をもって、慰謝料請求権の発生を肯認し得る不法行為と評価することはできないものというべきである。

執務の方針| 弁護士のプロフィール| 取扱事件 | ご案内 顧問契約 |

弁護士費用 | 事務所案内図 | リンク| トップ