御器谷法律事務所
東京地方裁判所 平成18年7月11日決定
昭和28年公表の映画の著作権の保護期間が平成15年の経過を持って満了したと判断された事案

《争点》
本件映画(ローマの休日その他)の保護期間
起算日 公表された日の属する年の翌年である昭和29年
保護期間 (旧法) 公表後50年(本件映画の場合平成15年経過まで)
同 (改正法§54I) 公表後70年(平成16年1月1日施行)
改正法附則2条 「改正後の§54Iの規定は、この法律の施行の際現に改正前の著作権法による著作権が消滅している映画の著作物については、なお従前の例による」

《裁判所の判断》
 公表後50年目にあたる平成15年12月31日の終了をもって本件映画の著作権は消滅すると判断し、旧著作権者である債権者の債務者に対する本件映画複製物(DVD)の販売差止請求を却下。


執務の方針| 弁護士のプロフィール| 取扱事件 | ご案内 顧問契約 |

弁護士費用 | 事務所案内図 | リンク| トップ