御器谷法律事務所

<世界の街で>

タイ王国

1.バンコク(BANGKOK)

エメラルド寺院 王宮

 タイ王国は、人口約 6,060万人。面積は日本の約 1.4倍。
 首都はバンコク、人口約 600万人。仏教国。
 まばゆいばかりのエメラルド寺院、壮麗な王宮、近代的なビル群、そして、昔ながらの三輪軽自動車トゥクトゥクが交通法規を無視して行き交う街、バンコク、整然と混沌が入り交じる街、東南アジア。


 ワット・アルン( Wat Arun )は、「暁の寺」とも呼ばれ、朝陽を受けての輝きや、夕陽の際の景観は実に素晴らしい、とのこと。
 黄土色のチャオプラヤ川の渡し船からの眺めも素晴らしいものでした。
 渡し船の中でオレンジ色の衣をまとった多くの僧侶と一緒になり、さすが仏教国と感心させられました。


 ワット・ポー( Wat Pho )は、涅槃寺とも呼ばれ、王宮のすぐ隣り、ワット・アルンとは川を挟んで対岸にあります。
 金色の涅槃像は、長さ約49m、高さ約15mと巨大なもの。
 眠っているようにも見えますが、あくまで涅槃(ねはん)の姿であることを  聞き、深い感銘を受けました。


 バンコクの中心地は、立ち並ぶビル群、交通渋滞等と東京とそれ程変わらないようにも見えます。ワールド・トレード・センター等東京でも見かけない位の巨大なショッピング・センターもあります。
BTSは、中心地を高架で走っており、「スカイ・トレイン」と呼ばれており、実に便利で、安全、クリーンです。


 チュラロンコーン大学は、バンコクのほぼ中心にあり、医学部、法学部、商学部等をそなえたタイ屈指の名門総合大学です。キャンパスは広大で、ラマ5世チュラロンコーン王から名をとったと聞きました。
 ロー・スクールでは特にビジネス・ローが有名であり、シビル・ローはタマサート大学が有名とのことでした。
"CHULALONGKORN LAW REVIEW"は英語のものが発行されており、興味深い数々のテーマの論文がありました。


 タイの最高裁判所は、バンコクの王宮前広場(サナム・ルアン)から1本道を隔てた一等地に建っています。
 事前に日本のタイ王国大使館に問い合わせをしていたため内部を見ることができました。外の暑さとは対照的にひんやりとする程エアコンが効き、警備のガードも厳しくシーンとした感じがありました。
 タイも日本と同様三審制を採っており、最高裁判所は、民事、刑事事件等の最終審とのこと。


 South Bangkok Criminal Court(南バンコク刑事法廷)は、最高裁判所のあるブロックの裏手の方にあります。中に入ると一種異様な緊張感を感じます。警備の人が多く、見るからにこわそうな人も多く、掲示板にはなぜか昔の処刑の絵(さらし首等)が貼られておりました。


 Civil Court (民事法廷)は、ごく庶民的ですが、職員がたくさんの書類を忙しく運んでおり、日本と同様の風景が見られました。
 黒い法服とおぼしき衣を着、携帯電話で忙しく連絡をとりあっている人、心配気にベンチにすわっている人等、日本と変わらないなと感じました。


 OFFICE OF THE ATTORNEY GENERALは、日本の検察庁にあたると思われます。
近代的なビルの中から白いワイシャツにネクタイをしめきっちりと髪を分けた数人の人々が列をなして裁判所に向う姿を見ました。

2.サムイ島(Koh Samui)


 サムイ島は、バンコクから南へバンコク・エアウェイズで約 1時間。スラターニ県に属し、タイで三番目に大きな島、人口は 3万数千人。特産はココナツ。プーケット島とともにタイのビーチ・リゾート地として有名。ビーチにはフランス人、イタリア人、ドイツ人、スペイン人等ヨーロッパからの旅行客が多数来ています。


 島の西のナトン・タウンは、フェリーの乗り場があり、従前からのシティー・センターという感じ。島の北西にサムイ空港があり、その近くにはチャウエン・ビーチやチョーンモン・ビーチがあり、今や、ビーチリゾートの中心地となっています。


 島は椰子の木が多数栽培され、ココナツの島とも呼ばれているとのこと。島には水蓮やハイビスカス、ブーゲンビリア、プルメリア等の南国の花が咲いています。


 島は車で 1時間強位で一周できますが、環状の主要道路でも交通信号は数ヶ所しかなく、殆ど信号待ちがありません。主要道路をはずれると舗装されていない道路もあり、島民の交通手段としては多数のバイクが走り回っています。
 バイクの交通事故も多い、とのこと。
 ナトン・タウンには、その中心に"KOH SAMUI DISTRICT OFFICE"があり、その左横には"KOH SAMUI POLICE STATION"があり、そこから車で 2〜 3分離れた所に"TOURIST POLICE"があります。


執務の方針| 弁護士のプロフィール| 取扱事件 | ご案内 顧問契約 |

弁護士費用 | 事務所案内図 | リンク| トップ