御器谷法律事務所

<世界の裁判所>

西 安


西安は、中国、陜西省(せんせいしょう)の省都で人口約700万人。紀元前11世紀に西周の都となり、秦、漢、唐など13の王朝の都となった古都です。現在は紡績や化学等が発達し城壁の内外は近代的なビルが建っています。


紀元前221年に中国で初めて統一をはたした秦の始皇帝は、その生前から陵墓を建設しました。この秦始皇帝陵は、底辺が約350メートル、高さ約43メートルの墳丘であり、完成まで約30数年と甚大な労力を要したとされています。


兵馬俑坑(へいばようこう)博物館は、始皇帝の殉死者の代わりとして埋葬された兵士や馬車の陶の人形です。その数は6000体にも及ぶとされ今も掘り出し、復元、修復がなされています。


華清池(かせいち)は、唐の時代、玄宗皇帝と楊貴妃とのロマンスは白居易の長恨歌でも有名な温泉地です。


大雁塔(だいがんとう)は、唐の高宗の時代の西暦652年に慈恩寺の境内に建てられました。玄奘三蔵がシルク・ロードを通ってインドから経典をもち帰り、その保存のために建立されたとされています。


陜西歴史博物館では、藍田猿人(らんでんえんじん)や仰韶文化の時代の石器、秦、漢、宋、唐、明、清等の各時代の青銅器や俑や磁器等を一堂に見ることができます。


西安は、特に餃子では有名。城壁内の中心にある鐘桜からすぐの所にある徳発長餃子館は、様々な色や味、形の餃子が美しく、太后菊花火鍋等ここならではの味があります。


中国では裁判所のことを「人民法院」といいます。西安には、省級として陜西省高級人民法院、市級として陜西省西安市中級人民法院、区級として長安区人民法院、碑林区人民法院等があります。
陜西省高級人民法院は、城壁内の中心に位置する省政府のすぐ隣に位置しています。この陜西省高級人民法院のまわりには、法律関係の事務所が軒を並べています。


執務の方針| 弁護士のプロフィール| 取扱事件 | ご案内 顧問契約 |

弁護士費用 | 事務所案内図 | リンク| トップ